楽器供養

お世話になった楽器に「ありがとう」を伝えるお手伝い

楽器に「ありがとう」を

音楽は人とともに生きています。
辛いとき悲しいときは、その心を癒し、
楽しいとき嬉しいときは、それを倍増させてくれます。

そして奏でる演奏者も、
その楽器とともに成長し稽古に励んでいます。

うまくできないとき、思うように演奏できないとき、
いつも一緒に行動し勇気を与えて、支えてくれます。

日本人の精神、すべてのものに命は宿る、
ものを大切にする精神があります。

しかし大切にしていても、中には寿命がある楽器、
切れてしまった弦、鳴らなくなってしまうリードがあります。

そのお世話になった楽器と別れるとき、
龍淵寺は「ありがとう」を伝えるお手伝いいたします。


楽器供養とは

心に思いを宿す供養を

供養とは、感謝の気持ちを忘れず、常に心に思いを宿すこと
別れた楽器は消えていくのではなく、
今の自分の技となり、心となって残っています。

そのことに感謝をし、別れる際は龍淵寺に納めて頂き、
龍淵寺が責任をもって供養致します。


費用について

弦などは費用を頂きません

供養料

小さな楽器・リードや弦などの消耗品は無料で納めて頂けます。
大きい楽器は相談して決めさせていただきます。

できるだけ費用をかけず納めて頂きたいと思っておりますので、
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

すべて持ち込みにて受付をさせていただきます。


龍淵寺について

龍淵寺に関する情報は下記のリンクよりどうぞ。

行事日程

龍淵寺の法要等、年間行事日程を掲載しています。

よく頂くご質問

よく頂くご相談の内容をまとめました。

交通のご案内

龍淵寺にお越しの方はこちらにてご確認ください。